今はロードバイク フレームの選択肢がかつてなほど豊富になっています。フレーム材の伝統的な選択肢 (アルミニウム、カーボンやスチール) に加えて、多種多様なドロップバー ライディング ポジションに合わせて設計されたフレームも選択できるようになっています。最新のレースバイクはエンジニアリング技術を結集した素晴らしいものですが、レースの世界であっても超軽量クライミング バイクと空気を切り裂いて進むエアロ バイクとの選択肢があります。グランフォンドおよびスポーティブ バイクはハイエンドのコンポーネント、フレーム、仕上げキットを組み合わせ、山間の道へのアタックを想定しているというよりは、快適性と走行距離を追求した形状となっています。アドベンチャー バイクやグラベルバイクを利用する傾向というのは最新の現象です。ツーリングとマウンテンバイクとシクロクロスが合わさった感じの自転車です。その利用範囲は水平線までといえそうです。